モビットの10秒簡易審査について

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われて可決しないと利用する事が出来ません。そのため審査が可決するかどうか不安になってしまう人も多いですが、モビットの場合は10秒簡易審査のサービスが提供されています。10秒簡易審査のサービスは申し込みをする前に仮の審査結果を受け取るサービスで可決されれば本審査でも可決されるという目安になります。そのため10秒簡易審査の結果を見て申し込みをするという事が出来るのですごく便利です。

モビットも他の消費者金融と同様に即日融資に対応しているので審査が可決されて契約する事が出来ればカードが発行されてすぐお金を借りる事が出来ます。そのためモビットは現在も利用者の多い消費者金融となっています。

もっと事務的なのかと思ったのですが、案外気さくでした。

練習スタジオでギターが倒れました。

よくある事なんですが、今回は運悪くネックの付け根付近にヒビが入り、それが塗装だけではなく木部までいっていました。

こうなるとどうしようもなく、買い替えか修理しかありません。

私の持っていたギターはけっこう高価だったので、選択肢は実質修理しかないありません。

という事で楽器修理の見積もりを取ってもらったら丁度五万円でした。

買い換えるよりはかなり安いのですが、私にはいきなり用意出来る金額ではありません。

クレジットカードも分割も受け付けてはいないリペアショップ(楽器修理屋さん)なので、現金で払うしかないのですが、どうにもなりそうもないので即日融資してくれるという消費者金融に駆け込みました。

消費者金融に駆け込んだと言っても街中にある無人の自動契約機なんですが、思ったより緊張しました。

事前に聞いた話では、人によって借りる事の出来る金額はバラバラだという事で、必要な金額全部借りる事が出来なかったらとかいろいろ考えていたんですが、オペレーターさんに聞いたら五万円くらいならアルバイトでもOKという事で安心しました。

消費者金融を実際に利用してみて、案外オペレーターさんとかサポートの人とか気さくで驚きました。

利用する前まではもっと事務的なのかと思っていました。

たまたまそういった人たちに当たったのか、全ての人がそうなのかはわかりませんが、とても感じが良く好印象でした。

あとは無事に完済出来るように頑張るだけです。

これからしばらく節約生活頑張ります。

キャッシングの限度額には個人差がある

キャッシングの限度額には個人差があります。これは、キャッシングの限度額がお金を借りる本人の年収に依存するからに他なりません。

キャッシングは、少額で消費者に対してお金を貸すために考えられたサービスです。そのため、個人の消費者と取引をすることが非常に多くそのために必要な専用の法律も作られています。この法律のことを貸金業法と言い、この貸金業法には融資の限度額に関する規定も存在するのです。

この規定では、消費者が本人が稼いでいる年収の三分の一を限度としてキャッシングをする事が可能になっています。300万円の年収があるのならば、100万円の範囲内で自由にキャッシングをする事が出来るということです。大切なのは、一つの会社で三分の一なのではなく全ての会社を合計して三分の一ということです。限度額が100万円と決められているのならば、この100万円の範囲内でいくつもの会社からお金を借りることが出来ます。そのかわりに、その限度を超えてしまうとどこの会社であってもお金を借りることは出来ません。

この規定は、複数の会社からお金を借りることが出来るというメリットと、限度額の範囲内ならば自由にお金を借りることが出来るメリットがあります。そのため、キャッシングは一般の消費者に好んで利用されているのです。