キャッシング契約の際には免許証に注意する点がある!

銀行や消費者金融のキャッシング契約は、一定額までの融資であれば運転免許証のみで申し込みすることが出来ます。

銀行カードローンは自主規制により50万円を超える場合、大手消費者金融なら50万円を超えるまたは他社借り入れと合わせ100万円を超える場合は所得証明書類が必要です。

しかし、運転免許証の記載事項に注意しなければ追加書類が必要になるケースがあります。

そもそも、契約をする際に申告する情報として住所があります。しかも、この住所は現住所となっています。

つまり、運転免許証に記載する住所が現住所と異なる場合、追加の提出証明書類が必要になります。

最悪の場合は、虚偽申告と見做されてしまい、審査落ちのリスクがあります。

特に学生がカードローンを契約する場合、住民票を実家のままにしていることがあり、運転免許証だけでは契約が出来なくなります。

同様に単身赴任中のキャッシング契約も注意しなければなりません。

申し込みの際は、運転免許証の住所変更漏れには注意が必要です。

借り換えのタイミングはかなり限られているから

お金の返済に関して、金利負担を減らすために借り換えという手段があります。

しかし、この借り換えという手段というのは現実的にはかなり限定的であります。

なぜなら、借り換えを行うときにはすでに複数の借り入れ件数がある状態ですから、返済可能性としてはかなり厳しい状況になってきているからです。

もうちょっと行けば債務整理のために色々なことをやらなければならない状況です。

そうなる一歩手前付近で行うようなことが多いものですから、タイミングが悪いともう借り換え自体が利用できないケースがあります。

ですので、借り換えを利用したいときには迅速に利用を検討しておくことをお勧めします。

早めの対処が借金返済のための近道なのです。