キャッシングの限度額には個人差がある

キャッシングの限度額には個人差があります。これは、キャッシングの限度額がお金を借りる本人の年収に依存するからに他なりません。

キャッシングは、少額で消費者に対してお金を貸すために考えられたサービスです。そのため、個人の消費者と取引をすることが非常に多くそのために必要な専用の法律も作られています。この法律のことを貸金業法と言い、この貸金業法には融資の限度額に関する規定も存在するのです。

この規定では、消費者が本人が稼いでいる年収の三分の一を限度としてキャッシングをする事が可能になっています。300万円の年収があるのならば、100万円の範囲内で自由にキャッシングをする事が出来るということです。大切なのは、一つの会社で三分の一なのではなく全ての会社を合計して三分の一ということです。限度額が100万円と決められているのならば、この100万円の範囲内でいくつもの会社からお金を借りることが出来ます。そのかわりに、その限度を超えてしまうとどこの会社であってもお金を借りることは出来ません。

この規定は、複数の会社からお金を借りることが出来るというメリットと、限度額の範囲内ならば自由にお金を借りることが出来るメリットがあります。そのため、キャッシングは一般の消費者に好んで利用されているのです。