主婦がキャッシングする際の注意点

一言で主婦と言っても、仕事を全くしていない専業主婦と正社員、またはパートなどで働いている兼業主婦に分ける事ができます。

兼業主婦の場合、自分自身に収入がある事になり、キャシングを行う際に必要な「安定した収入」と言う条件を満たす事が可能です。正社員として働いている主婦にとっては、全く問題なく条件を満たす事ができ、パートなどで働いている主婦においても、限度額を考慮すれば問題なく審査に通過する事が可能です。

しかし、専業主婦の場合、この「安定した収入」と言う条件を満たす事が出来ません。この安定した収入とは、自分自身の収入であって世帯主の収入ではないからです。

では、どうすれば良いのかと言うと専業主婦の場合は、消費金融での審査をあきらめ、銀行系カードローンの審査に絞る事をお勧めします。一般的には、消費金融より銀行系カードローンの方が審査が難しいとも言われていますが、専業主婦に関しては話が違って来ます。

消費金融の場合、年収の1/3以上の借り入れを行う事が出来ないと言う総量規制という法律が適応されます。その為、収入が0円の専業主婦は、1円もお金を借りる事が出来ないのです。

しかし、この総量規制と言う法は、消費金融や信販会社などに適応される法で、銀行へは適応外になっています。その為、多くの銀行系カードローンで専業主婦でも、その他の条件を満たせば、お金を借りる事が可能になってくるのです。

しかし、限度額の上限は低くなってしまいます。